Panama Deborah Geisha 80g

★4周年特別セレクション★
※高額商品のため80gでの販売となります。

内容量:80g
原産国:パナマ
地方:チリキ県エルボルカン
農園:デボラ農園
生産者:ジェイミソン・サベージ
標高:1,850 m - 1,900 m
品種:ゲイシャ
生産処理方法:シンビオシス
(長時間嫌気性発酵)→下記に詳述

焙煎度:浅煎り

酸味:やや強い
コク:軽い
風味:熱い時はカシスやマスカット、冷めてくるに従いマンゴーを思わせるトロピカルな印象も顔を出します。シルキーな口当たりで長く余韻が楽しめます。

シンビオシスについて:SYMBIOSIS(共生)
完熟したゲイシャチェリーを気密性のタンクに入れ、100時間以上置いておきます。自然に発生するCO2がタンク内の酸素を追い出します。外部からガスを送りこまない方法で発酵させることで、チェリーは初期段階では急速に発酵します。
これは、品種とテロアールの風味を十分に保ちながら、熟した果実感をより強くコーヒーに与えることができる、積極的な管理発酵方法です。プロセス中、PH、内外部の気温は定期的に計測されています。

ストーリー:2004年のパナマ国際品評会(Best of Panama)に登場して以来、ゲイシャ(Geisha)品種はスペシャルティコーヒーの頂点に位置する品種として君臨しつづけ、パナマをはじめ、いまや世界の各生産国で栽培が広がっている品種です。

 同時にバリスタの世界大会ワールド・バリスタ・チャンピオンシップや、その日本国内予選ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップでもトップクラスの競技者は今やゲイシャ品種を使わないほうが珍しいほどになっています。

 そういった中で、近年特に注目を集めているのが、デボラ農園です。
 
 デボラ農園の農園主ジェイミソン・サベージ氏は、元々金融関係の仕事をしていましたが、リーマンショックを機に、自然とともに生きる農業に目覚め、そして、当時注目され始めていたパナマのゲイシャコーヒー栽培に取り組み始めました。
 デボラ農園は、標高1900m。幹線道路から離れ、原生的な豊かな自然が残る土地に、車が通れる道を作るところからプロジェクトは始まり、その豊かな植生を残しながら、コーヒーの栽培を始めました。農薬は使わず、できるだけ自然の中でコーヒー栽培をすること、それが、デボラ農園の根幹のひとつです。

ようやく初めてコーヒーが取れたのは2014/15クロップでした。その2年後の2016年には台湾のBerg Wu氏がデボラのコーヒー豆を使ってワールド・バリスタ・チャンピオンシップで優勝。2015年WBC優勝のSasa Sestic氏など、多くのバリスタからのアプローチを得るようになりました。現在もワールド・バリスタ・チャンピオンシップやワールド・ブリューワーズカップにおいて、デボラ農園のコーヒーは多くの競技者に採用されています。

※発送について:
リキッドコーヒーなどと一緒に購入された場合は宅急便での発送となります。沖縄、離島への発送は送料無料の場合でも追加で送料をいただく場合がございます。該当の方には決済後に別途ご連絡させて頂きます、ご了承ください。

¥ 3,850

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストまたは宅急便

    コーヒー豆は基本クリックポストで発送致します。入らないサイズは宅急便となります。

    全国一律 198円

※6,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価